FC2ブログ

楽器ケースのリペアしました♪

  • 2019/12/05(木) 17:48:03

私の愛用の楽器、もともと入っていた合皮貼りのケースは結構大きいので、普段持ち運んでいる時はSUZUKIさんのシリウスやG-48の丈夫でコンパクトなケースに入れています。

本番の時は使い捨てカイロとマイナスドライバーが楽器と一緒に入るので、大きい方の合皮貼りのケースを持っていくころが多いです。舞台上に置いたり、あるいはちょっとテーブルなどに置いた時に存在感があるように、(目立たないと自分で引っかけて落としたりしそうなのです)という理由もあります。

今の楽器を手にしてそろそろ、ほぼ10年経ちます。
大きい方のケースが随分くたびれてきました。
縁が擦り切れてきたくらいの時は色を塗って補修していましたが、最終的に合皮は表面がボロボロとめくれてきてしまい、それは貫禄じゃなくて、なんだかみすぼらしい感じに(^^;
IMG_4987.jpg

新しいケースをどうしようかなあ、何か作ろうかな、と思っていたのですが、最近ちょっとバッグの修理や塗り直しを自分でして、革を触る機会があり、「楽器ケースも自分で張り替えたらいいんちゃうん。本革で貼ったらカッコええし、長持ちやわ〜♪」と思いつきました。
薄くて柔らかい革が手に入ればきっとうまくいくはず。羊革あたり?
サイズを測って、ネットで厚みを見比べながらお買い得な革材を探しました。
継ぎなしで張り替えようと思ったら、結構大きな面積が必要で、黒とかこげ茶とか、スタンダードなカラーは品切れが多く、随分探した結果、0.6ミリ厚のゴールドキャメルなる羊革を発見!

2、3日経って手元に届きました。なかなかいい感じの色です。
まずは留め金の金具を外して、元の黒い合皮を内張から順に剥がしていきます。
IMG_4988.jpg

ベリベリ・・・ああ、もう引き返せない〜

IMG_4990.jpg

IMG_4992.jpg

楽器ケースと言えど内側は紙を何枚も重ねたもので作られています。言うなればカルトナージュです。
元の合皮は相当薄いですが、本革はそれなりに厚みも出ます。なるべく重なって貼るところは梳いたり、見えないところでギリギリまで引っ張ったりして厚みを均等に心がけました。そうでないと元どおり組めないから。
あと革用のボンドや、強力両面テープを部位ごとに使い分けるのがポイントです。

外側はまあまあ綺麗に貼れました。
内側は以前先輩からいただいた別珍の布を貼ることに。黒と緋色と紺色とありましたが、私は紺色をチョイス。
楽器を支える部分に以前は何も芯が入っていなかったので、今回分解したついでに木の芯を入れて接着しました。これでグラグラしないわ。紺地に銀のボディが映えてとてもキレイです。
IMG_4996.jpg

IMG_4997.jpg

最後に金具を元の位置につけて完成!
すっかり蘇り、この世にただ一つの特別なケースになりました(^^)
古いケースをお持ちの方は捨てずにぜひリニューアルをしてみてはいかがでしょう?愛着が湧くこと間違いなしです。

ちなみに。以前(2013.10.15)に載せていますが、コンパクトケースの方もデコってこんな感じです↓
P1000020.jpg



残り僅かとなりました。もう来週ですものね
IMG_4918.jpg

********************************************
『けやきカフェライブ』
日時:12月14日(土) 18:00ころ〜お食事タイム
           19:30ころ(お食事が落ち着き次第)〜 演奏スタート概ね 21時頃まで。
お食事代:2,000円(ドリンク代別途・ミュージックチャージは投げ銭制)

お食事の準備の都合上、ご予約制となります。
ご予約先:075−451−1178(けやきカフェ)
     *当ブログのメールフォーム、FBのコメント、メッセージ等からでも承ります。

*********************************************

新しい譜面台ライト購入。

  • 2019/04/12(金) 15:34:42

先日、4月21日に行われる『春の宵待ちコンサート』のリハーサルに行ってきました。
お寺の本堂がステージなのですが、お寺ゆえに照明が煌々と照っている訳ではなく、ほんのりとした灯りのみなのです。
う~む。譜面が見にくい。
前回の時はソロで2曲だけだったので暗譜で演奏したのですが、今回はデュオで7曲あるので譜面が必要です。
リハの時は他のプレイヤーの方に譜面台ライトをお借りして演奏しました。そしたらお借りした譜面ライトが明るいこと!
私が以前から使っている通称「触角ライト」はLED4灯だったのですが、近頃は充電式で10灯以上も点灯可能なものがあるのですね。加えて、ワタクシの目が悪くなってきたということも一因かもしれませぬ・・・ムムム。
そこで家に帰って早速ネットで検索。
明るさを優先して検討したところ、これが一番良さそう、ということでお買い上げしました。
IMG_1450.jpg
説明書も何も入ってないです。超シンプル(笑)
すぐに点灯して以前からのものと比べてみました。
テスト結果。
IMG_1448.jpg
めっちゃ明るい!しかも端っこまでLEDが並んでいるので、隅までよく見えます。
IMG_1449.jpg
これが以前から使っている触角ライト。違いは歴然です。買った当時は2灯付いているのが新しく、便利だと思ったのですが。とても活躍してくれました。
IMG_1447.jpg
新しい譜面台ライトは光量を2段階で調整できます。これは暗い方。
暗い方でも触角ライトよりも明るいですね。
モバイルバッテリーにつなぐこともできるので長時間のステージならつないだままでもオッケー👌
大きい分、軽い譜面台に取り付けると、少し安定感が損なわれますが、気をつけていれば大丈夫。3本ある脚の1本を立ってる反対側に来るように置けば安定。

たたむとこんな感じ。

良いお買い物ができました。
ここで買いました↓
【クリップ型LEDスタンドライト LNSTUDIO 18つLEDライト2段階調光機能付き譜面台用ライト 読書灯 電子書籍用ライト 充電式 (18pcs LED)】

楽器のメンテナンス、あと人間の方も。

  • 2019/03/29(金) 11:00:54

ライブ前なので、楽器のメンテナンスをしました。
心にゆとりのある時でないと、うっかり手元が狂ったり、ろくなことがないのでだいたい本番の2、3日前にします。
調律も落ち着いた頃に調子が少し変わったりするので。(これは聞いている耳のせいかも?)
12番の吹きのリードの先端がなぜかウィンドウに入り込んでいてビックリ。なぜ?!いつ?!ちゃんと鳴っていたけどなあ?

IMG_1401.jpg
超音波洗浄機でプレートごと洗浄。

IMG_1402.jpg
乾かして組み立て。

そして近頃は体のメンテナンスも必要らしく。
いつも行く美容院の美容師さんは骨格や整体についても勉強されている方なのですが、カットに行く度に叱られます。
「お前なあ、使いっぱなしでちっともケアができていない!もうケアなしで回復する年齢はとっくに過ぎてる!」
f(^^;(↑美容師さんは坊主頭のちょっと強面のおじさんです。お客も「お前」呼ばわり(笑)一般的な美容師さんのイメージを覆す感じの方ですが腕前は素晴らしい!)

吹奏楽器の奏者は下顎がしっかりしてくる。同じところを使うのだから当然。
ある意味楽器の奏者もアスリートなんだから。
スポーツ選手だってよく使う筋肉はちゃんとケアしてるやろ。使ったあとはクールダウンしなさい。
目を使い過ぎ。だから額にも負担がかかってる、青筋立てて演奏してたらエエもんもエエと聞こえへんで!優雅に吹かんと。

・・・おっしゃる通りでございます。

練習時間が長くなると、やりっぱなしでケアする時間までとれなくて、つい。
良いアドバイスに従い、バランスよく効率よく、練習しなきゃ、と反省したのでした。
明日のライブを楽しみに、今日はゆとりを持って過ごしましょ。

ちなみに。
手っ取り早いケアの方法は耳の下(顎の付け根と言うべきか)の部分をその日のうちにちゃんと保冷剤で冷やすこと、だそうです。おでこの青筋も冷やすのが有効とか。
目(瞼)は絶対マッサージはしないこと、直接的な刺激には弱い部位なので、温めたり、冷やしたりを交互にして血液循環をよくする事くらいしかできない、究極は目を休める(寝る!)こと、とのでした。
お試しになるときは自己責任で!

防音室の反響音が気になる。

  • 2019/02/28(木) 12:11:01

だいたい、いつも練習時間は昼下がりから夕方にかけてのことが多いのですが、最近、練習する曲数が多いので昼間だけでは追いつかず、家人が寝るのを待って夜中に吹くことがあります。
夜は防音室に鳥カゴを入れるので、鳥の安眠妨害をしないようにしていたのですが、そうも言っておられず、そんな時は鳥さんにはリビングで寝てもらっています。(23時をすぎて練習をしていると鳥に怒られます。)

さて、今まで8年間気になったことはなかったのですが、夜中に静まり返った中で練習しているとなんか嫌な「コーン」というか「ボォーん」というような音が聞こえるのです。
???なんの音?
初めはエアコンの室外機の音かとも思ったのですが、どうやら自分の吹いているハーモニカの残響音のよう。全然ハーモニカの音っぽくないのに吹いた後に変な余韻が残ってる。
今までと特に何も環境は変わっていないのにどうして?今まで昼間だったから他の雑音に紛れて、気にならなかったのかな?
そんなことを以前ハーモニカ友のサユリさんに話していたところ、ウレタンの吸音材を教えてくれて、そして先日お試し用に、といくつか分けてくださいました。
音の反響の原因として、疑わしいのは窓の一部と天井の電気のカサ?
とりあえず、自分がよく吹いている場所の頭上に貼ってみました。
IMG_1080.jpg
残響音がゼロはなっていないけれど、軽減されているような気がする!
そして音がタイトに聞こえるかな?
まだ本当の深夜帯には音を出してみていないのでもう少し検証して、吸音材の買い足しを検討しようと思っています。
サユリさん、おおきにありがとう!

===============
話変わりまして。
巷のハーモニカ吹きの間で話題の新製品のこと。

そしてシリウスのバスクロマチックハーモニカが出るそうです。7月ころとか。
鈴木楽器製作所のホームページから
クロマティックハーモニカアンサンブルで時折3オクターブのテナーハーモニカを担当している私としては興味津々です。
どんなんかな。

シリウス入手、シルバーをメンテ、夜練のち苦情?

  • 2018/12/06(木) 23:55:46

今更なのですが、つい最近自分用のSUZUKI製のクロマティックハーモニカ 、シリウスS-48を入手しました。
この楽器、もちろん吹いたことはありますし、人様にお勧めしているほど良いものだとは知っています。ですが、自分用としてはシリウスを通り越して、一気にファビュラスを手に入れたい気持ちもあり、思いきれずにいたのでした。
ハーモニカ友のサユリさんとハーモニカ女子会をしていた時に中古(と言ってもほぼ新品)を誰かに譲るつもり、と言う話題が出て、ワタクシ即、手を上げました♪やった~!サユリさん、ありがとう~!
G-48の青い方のモデルを持っていたのでSUZUKI製のマウスピースの滑らかさは実感していましたが、シリウスはさらに吹き口の穴にあつみと丸みがあり、吹きやすいです。サユリさんがスライドのバネを柔らかく設定されていたのも快適な操作性がアップしていたように思います。メンテナンスのいい楽器、むしろ新品より貴重!
ちょっと吹きにくいフレーズもいつもよりキマるので、すっかり楽しんで吹いています。
こうなるとますますファビュラスが欲しいような、でもシリウスのちょっと渋めの音とボディが軽いための操作性の良さは独自のものでこれはこれで吹き込みたいような、ああ、悩ましい。
そんなこんなで楽しんでいると、ふと、シルバーコンチェルトのスライドももっと軽くできないかなあ、と思いつきました。
先日バネを交換したところでいまいち調整しきれていなかったのでいい機会なので少し手を入れることに。
オリジナルのスライドが少し引っかかるようになっていたので、2000番の紙やすりで表面を少し削り、仕上げ用のコンパウンドで磨きました。汚れなどが付着して凸凹ができていたのがフラットになったようです。随分滑らかに動くようになりました。バネも予備が数本あったので、一本思い切ってかなりゆるくしました。今までで一番柔らかい設定です。
IMG_0387.jpg
いい感じに調整できたシルバーコンチェルトと、新しくやってきたシリウスを吹くのが楽しくて、11時近くまで防音室で吹いていると・・・
「ピィ!ピィ!ピィ!」
IMG_0386.jpg
↑ちょっと目が怒っています。。。
それまで黙って目をつぶっていたまりも氏(コザクラインコ♂15歳)が抗議の声を上げ始めました。まりも氏の鳥カゴは防音室に置いているのですが、どうやらハーモニカの音がうるさくて寝られない、そろそろやめろ、と苦情を言いたかったみたいです。ごめん、ごめん