FC2ブログ

ビックリ!新設のクロマティックハーモニカ国際コンクール。

  • 2021/06/01(火) 11:04:43

今年の2月に、2022年香港で開催される新しいクロマティックハーモニカ の国際コンクールについて発表されました。
日本のクロマティックハーモニカ愛好家の間でも時折SNSで取り上げる方がおられましたね。
発表当初のエントリー資格は18歳から40歳まで、とのことだったのですが4月になって年齢制限が無くなったようです。
日本のいくつかのサイトでも紹介されていたので今更ですがHPを見に行ってきました。
第一回香港国際クロマティックハーモニカ コンペティション
harmonica-festival-20oct-03_orig.jpg

見てビックリ!
とても大規模な、そしてとても難しいコンクールではないですか!
英語が堪能でない私としては、まず目に飛び込んできたのが賞金が授与されるコンクールであるということ。
1位100,000 香港ドル(約 13,000 米ドル/10,000 ユーロ)ですって!
それからGoogle翻訳のお世話になりながらコンクールの規約を読んでさらにビックリした!
う〜ん、この条件で演奏できる日本の奏者って何人いるだろう、果たしているのか?っていうくらい難関でした。

一次審査はビデオでの録画審査です。
昨今の情勢からオンラインやビデオ審査はすっかりお馴染みになりましたね。
演奏曲は25曲の課題曲の中から1曲選択、合わせて自由曲1曲、トータルで14分以上16分未満に納めること。なおかつ、2曲はワンカット撮影で全身が映っていること、ですって。もちろん編集は失格です。16分のワンカット撮影はなかなか大変・・・
で、通過すれば香港の会場で二次審査。
11月に新しく発表される6〜8分の課題曲1曲と、すでに提示されている7曲の無伴奏曲、プラス一次審査で提示された課題曲25曲の中から選択してトータル23〜25分を審査員の前で演奏。
三次審査は弦楽アンサンブルとの共演。30分くらいのソナタが4曲提示されていてどれかを選択するようです。
こんなコンクール、今までハーモニカ の世界では無かったのでは?!素晴らしい〜♪

特に難しいなあ、と思ったのが最終審査。この時点で4人に絞られているとのこと。
フルオーケストラをバックにクロマティックハーモニカのためのコンチェルトを演奏するそうです。本格的!
ですが、曲も難しい上に曲の選択がこれまた難易度高く・・・前日の三次審査の上位者から順番に被り無しで選ぶんですって!
ってことは、4曲のコンチェルトを全部準備していかないといけないってこと?!
うわ〜、こりゃ準備が大変だ!

一次審査で2曲(14〜16分)、二次審査で3〜4曲(23分)、三次審査でソナタ1曲(30分くらい?)四次審査でコンチェルト4曲(30分×4曲どれが当たるかわからない)3時間分をコンクール仕様で仕上げるのか・・・現役のコンセルヴァトリウムの学生さんでクロマティックハーモニカを勉強している人くらいしか無理じゃない?

審査員の先生方もワールドワイドです。
一次審査(HP掲載順・敬称略)
Robert BONFIGLIO (United States)
CHAN Shu-keung, Kenneth (Hong Kong SAR)
Sigmund GROVEN (Norway)
HO Pak-cheong (Hong Kong SAR)
KUAN Man-hou, Johnny (Hong Kong SAR)
Naoko NEBL (Japan)
Antonio SERRANO (Spain)
二次審査以降
Robert BONFIGLIO (United States)
CY LEO (Hong Kong SAR)
Sigmund GROVEN (Norway)
KUAN Man-hou, Johnny (Hong Kong SAR)
Nancy LOO (Hong Kong SAR)
Gerhard MÜLLER (Germany)
Antonio SERRANO(Spain)
Colin TOUCHIN (United Kingdom)
Yasuo WATANI (Japan)
錚々たるメンバーですね。あっ、私の先生の名前が(^^)

それにしても主催者のクロマティックハーモニカにかける想いの熱さを感じるコンクールです。
コンクールの課題としての弦楽アンサンブルやオーケストラとの共演はおそらく初めての試みではないかとおもいます。
きっとクロマティックハーモニカの世界においても他の楽器のクラシックの国際コンクールに匹敵するレベルのものを創ろうとしているのだと思うのです。
やはり日本よりもアジアにおいてのハーモニカ熱の方が圧倒的に高い!

開催期間は審査員の先生方はじめ、名だたるプレイヤーのマスタークラスも開講されるようですし、ガラコンサートも。きっと海外のハーモニカメーカーの商品ラインナップも見られるんだろうなあ(垂涎)

うちのブログ、たまには役立つ情報も載せてみた笑

****************************************
次回の『ハーモニカ女子の徒然ばなし』のお知らせ。
#021 ハーモニカ女子の徒然ばなし
ハーモニカ演奏と身体の使い方についてのお話です♪


私の日々つれづれと明日の『ハーモニカ女子の徒然ばなしVol.20』のお知らせ♪

  • 2021/05/20(木) 20:18:00

雨、よく降りますねえ。
今年は爽やかな5月らしい気候がほとんどなかったように思います。
IMG_2815_20210520194352836.jpg
花壇も花盛りで一番綺麗な時期なのに雨でお花がダメになっちゃう・・・まだ蕾がいっぱいあったのに!
今年は白い花シリーズで揃えて見ました。目論見通り、時期を前後して白が咲きそろってきたのになあ・・・
IMG_2792_20210520194353192.jpg
ミニバラの方は屋根の下に入れているのでなんとか保っています。もはやミニとは言えない草丈です。最初はポット苗だったんですけどね。

さて、このところ2曲集中で練習をしています。どちらも一筋縄ではいかない難曲や・・・
オーケストラとコンチェルトをされているプロのピアニストの方にアンサンブルについて習う機会があり、改めて様々なことを教えていただきました。なんぼでも勉強することあるんやな、というのがただいまの心境です。
あとはこの前の記事で少し書いていた過去のコンクールのテストピースの攻略に燃えています。
コンクールの課題曲はとにかく技術的にすごく難しい。重音や変拍子、速吹き、ブレスの位置。なんでこんなに意地悪なん?!と思うこともしばしば。だけど確実に力をつけてくれる曲でもあります。本当は今年のドイツのコンクールの課題曲を猛練習してるはずだったんだけどなあ。これは言っても仕方ないこと。代わりに過去の課題曲をさらうのだ!
今、練習がすごく面白いのです。久しぶりの気持ちです。また何か変えられると信じてじっくり練習することにします。

************************************
IMG_2786.jpg
子メダカちゃんのボトルをリニューアルしました。
前のボトルは1年経って水草や下に敷いていた土がダメになってしまったので・・・
たくさん産まれた子メダカちゃんですが、現在2匹。
1号と6号が元気に残っています。ミジンコをあげだしてから急に大きくなりました。
6号の方が活発で1号の大きさを抜かしてしまいました。
IMG_2817.jpg

**********************************
明日は「ハーモニカ女子の徒然ばなし」です。
明日でなんと20回目!
なんやかんやとお題は尽きずに続いています。
明日のお題は『マイクの吹き比べをします!』です。
サユリさんが手持ちのマイクに加えて、お知り合いから借りてきてくださった高級機種?!まで何種類も揃えて吹き比べて
下さるそうです♪
私自身は生の音で演奏することが多いのですが、会場によってはマイクは必須なんだな。
どんなマイクが自分の演奏に合うのか、使う機会が少ないからこそちゃんと研究しておかないと、とも思います。
あと使い方もね。ハンドマイクの方は然り、スタンドの場合も案外勝手が変わってくるものです。
・・・と、このようなお話も織り交ぜ、明日は何が飛び出すやら(^^)


リンクはこちらかも↓

ハーモニカ女子の徒然ばなしvol.20

あたらしいこと、もの、ひと。

  • 2021/03/08(月) 14:50:16

3月がすでに始まっています。
暦の上では春ですが、なかなかどうして寒い日もまだまだありますね。
でも、我が家の植木たちは確実に春を感じているようで、クリスマスローズの開花の次は今朝スノードロップの花が咲いているのを見つけました。早咲きのクレマチス、2月中に植え替えをしないといけなかったのに、ぐずぐずしていたらもう小さな蕾をつけてしまいました。今から根っこ触って大丈夫かなこの前ひっくり返して割ってしまった10号サイズの大物植木鉢もなんとかしないと。。。春になると外作業が多くなります。
IMG_1815.jpg


IMG_1799.jpg
最近、ドラマー御用達の大型のメトロノームの中古品をお安くゲットしました♪
脳天に響く音の大きさとダイヤルでササっとテンポを変えられる操作性を求めての選択です。持ち運びには不自由だけどリズムレッスンをする時は持って行こうっと。

このところハーモニカ漬けの日が続いています。
習う方のレッスンが近かったこと、新たにアンサンブルレッスンを受ける機会を得たためです。新しい出会いに感謝です。
ほぼ毎日ハーモニカを吹いていますが、曲を仕上げる方に忙しく、レッスン用の課題の練習が後回しになることもしばしば。でもコツコツと毎日課題に取り組んでいたら直前に慌てなくていいので気持ちが楽だね(笑)
そしてもう一つ、アンサンブルレッスンを受ける機会をいただきました。なんというか色々と目から鱗。「もっとピアノ(他の伴奏もですが)の音を聞かないとダメ」と家族(ベース弾き)に言われたり、自分で録画を見ても「もっとピアノを聞かなくちゃ」と感じていたけど、今まで思ってた聞き方と違う聞き方があることを教えていただいています。音の大小、強弱以外の表現はもっぱらセンスだけに頼るものだと思っていたけれど、もっと楽譜から(理論から)繊細に導くこともできるということ。二分音符って一つの音符じゃなかったんだ・・・。
しかしまあ、ハーモニカを演奏するテクニックが安定していないとアンサンブルの先生がおっしゃることを実行できないのでテクニックの基礎トレーニング、こちらはこちらでますます重要度が増すのでした。
色んなパターンの練習もしたいし、お花も植え替えたいし、メダカの世話もあるし、制作もあるし、ゲームはしたいし、読みたい本も聞きたい音楽もあるし、ついでに家事もあるし、全くもって一日の時間が足りない!

さて今週金曜日、3月12日 20:30〜の「ハーモニカ女子の徒然ばなし」ですが、奇しくも次回のお題は『1曲を完成させるまでの練習手順』
ちょうどお話のネタには困らないわ♪
もしかしたら皆さん、今のやり方以外の方法を知ることができるかもしれませんよ。もしかしたら、やけど笑

『第15回ハーモニカ女子の徒然ばなし』はコチラから

125350202_799661050601055_2755449616625001879_n.jpg


深いなぁ〜f(^^; ...いいお誕生日ありがとうございました。

  • 2020/11/13(金) 23:51:37

たくさんの「おめでとう」メッセージありがとうございました。
幾つになっても「もう誕生日は来ないことになってる。」なんて嘯いていてもやっぱり嬉しい
今年は特に外食するわけでもなく普通の一日ですが、晩御飯は食材を贅沢して作る作業はいつもより少々簡略化するという荒技に出ました(笑)だって、作るの自分だもん。
IMG_0702.jpg
↑この羽飾りは自作のヘアアクセサリー。

今週は忙しい1週間でした。
日曜日にコンサート2公演、火曜日はレッスン、水曜日は次の演奏の合わせ、木曜日はレッスン、今日は先生のレッスンを受ける日でした。演奏もレッスンも前準備があるからその分を合わせると忙しかった〜!
自分が受けるレッスンの方が終わるまでやはり気が抜けず、今は少しほっこりしながら頂いたメッセージのお返事を書いたり、このブログを更新したりしています。
この3ヶ月ほどは音色の改善やコンサート用の曲の練習に取り組んでいて、先生から頂いている楽譜の勉強があまり進んでいません。当然優先順位があるので仕方ないことなのですが、その状態でレッスンに向かうのは少し何かを置き去りにしているような心もとない気持ちになるのです。
そして今月もまた本番を控えた曲をみていただきました。偉大な音楽家の曲でシンプルだけど難しい曲。音色が問われる曲。何度か本番で吹いているはずなのに、ほんのわずかな間の取り方や強弱の付け方、アーティキュレイションのアドバイスをいただくと「先生の解釈は深い。私の演奏はまだまだ浅いなあ・・・。」と思うのでした。教えて頂いたら修正できるのですが、自分自身の考えをもっと深めて演奏できるようになりたいものです。まだまだ学んで行くしかないですね。

レッスン場に入った瞬間、ハッピーバースデーのメロディが。「え?!」と思ったら先生が1オクターブのミニハーモニカで(しかも手を使わずに)演奏してくださっていました!私の前にレッスンを受けていた仲良しのTちゃんも一緒におめでとうを言ってくれました。今日レッスン日で良かった〜♪

*************
さて、次なる本番はコチラ!さっきの写真のヘアアクセ、付けられる機会?!
123067826_2738965206366468_117578414821607569_o.jpg

アメリカヤ楽器店Youtubeチャンネル
ご視聴よろしくお願いいたします♪

クレッシェンドと後押しの差。

  • 2019/06/06(木) 08:38:35

今、一つの曲の仕上げに入っているのですが、曲の主題で何度も繰り返されるフレーズがあります。
一番最初から「この繰り返し、私が吹くとなんか同じことの繰り返し感が強くてクドくて野暮ったい・・・」と吹き方に悩んでいたのですが、ある時二人の先生から「後押しになっている」「2音目への繋ぎがイマイチ」「変な揺れがあってコブシみたいになってる。」とのご指摘を受けました。なるほど、これが原因か。
クレッシェンドして行ってフレーズの音の頂点で少し抜く、という表現をしたかったのですが、クレッシェンドの仕方が後押しになっていたようです。
それから練習を重ねて、またチェックをしていただく機会があったのですが、今度は「問題のフレーズが2回続く時の1回目がまだ後押しになっている。」とのご指摘。う〜ん、同じように吹いているつもりなのになあ・・・レッスンの録音を繰り返し聞いて違うことはわかるようになったものの、どう直せば良いのかわからない。ちょっと行き詰ってしまいました。

ヨシ。
聞いてわからなければ見てみるしかない。音形で見てみよう。

実は最近Cubaseのソフトをバンドル版からProに一気にアップグレードしました。(30周年半額セールに乗っかりました!)で、まだ買ったところのバージョンを試していなかったので、おそらく初回は使うのに多少時間がかかると思って、二の足を踏んでいたのですが思い切って立ち上げて見ました。データを読み込んで音形で表示するだけなので別に前のグレードでもできることなのですが、如何せん使い慣れていないので何をするにもおっかなびっくりなのです。

IMG_2125 2
↑クリックすると大きく表示されます。

多少、いつもよりは手こずりましたが、とりあえず音形は表示できました。
上が今まで吹いていた後押しの吹き方。わかりやすくするために若干強調して吹きました。
下が一応OKが出たクレッシェンドの吹き方。
上のピンクの方はグイっとカーブを描いて大きくなって次の音に行くときに音が急に小さくなっています。
なるほど、これがコブシや変な揺れの正体か。
一方、下の方は一直線に大きくなって行って、次の音に行くときは少し大きくなっています。
一直線でこの直線の角度がもっと大きくなればよりクレッシェンドが強く表現できている、ということなのでしょうね。

・・・これ、目で見ると直すの簡単そうに見えるけど、私の吹いてる感覚としては体の使い方は、ほんのちょっとした違いなんです。理屈はわかったけど、ちゃんと直るかなあ

そもそも私の感性が若干大雑把なのだと思われる節がいくつか。
先生に1度指摘されたことを直して行くと、今度は逆の指摘をされることがめちゃくちゃ多い。つまり、直そうとして今度は逆に振る(^^;  
例えば「もう少しスタッカートで。」と言われた次に「音が短すぎて余韻がない。」とか「ここはもう少し咳き込むように音楽を前に進めて。」と指導していただいた次は「急に早くなりすぎ。」・・・加減ができないというかちょうど良いところでやめられないというか。
もっと繊細に違いがわかるようになりたい!

********************************************
同門のハーモニカ友(大先輩ばっかりですが)の集いに出かけてきました。
お身体の都合で卒業された大先輩にお会いするのがメインの目的でした。お元気そうなお顔を見られて嬉しかったです。
まだまだたくさんのことを教えていただかなくちゃ、と思いました。
皆さんとお昼を食べて、ハーモニカに関する古い外国の番組を見せていただいたり、ハーモニカ談義をしたり、そしてアンサンブルを数曲吹いて楽しいひと時を過ごすことができました。
ありがとうございました。