FC2ブログ

FORESTコンサート終了いたしました♪

  • 2020/12/07(月) 22:03:10

昨日、無事にFORESTさんでのコンサート終わりました。
前々日まで時期的なこともあり空席を案じていましたが、なんと奇跡が
SNSでコンサートのチラシを見てご予約のお電話をくださった方が3組、YouTubeで知ってくださった方、他の会場でもきてくださっているお客様、と一気に倍増。そして当日に直接お立ち寄りくださったお客様も!
もう本当に嬉しかったです。もちろん、開催するからにはお一方でもお客様がいらしてくだされば全力で演奏するつもりでしたが、たくさんの暖かい眼差しの中で演奏させていただけたのは本当にありがたいことでした。

IMG_0922.jpg

IMG_0924.jpg
今回はクラシック中心の選曲でした。
コロナ対策で休憩を2回取る、ということで3ステージ制に、そして休憩中にお茶とケーキを出していただく形でした。
いつも2ステージで演奏しているので3ステージ制は新鮮でした。お客様とお話しする時間も持てたので良かったかも。

今日はいつも通りライブ形式でしたのでトークをしながらの進行でしたが、相棒によってこのトークタイムのカラーが変わってくるのも面白いところ。松下さんとはもう何度もご一緒させていただいていますが、ちょいちょい松下流お笑いを挟みつつ、私が松下さんを上げたり下げたり、弄りつつ。
演奏している曲はバッハだったり、ビゼーだったり、ドビュッシーなんですけどね!
このデュオの目指すところは演奏とトークのギャップ萌え(?)だな
ギャップ萌えといえば松下さんのオリジナル曲もそうかも。文章を書くことも音楽を作ることも、何か芸術品を創り出すことも、作り手の本質が垣間見えるものですよね。
お客様からはクラシックの中にオリジナル曲が時々入っていて、変化に富んだ楽しいプログラムだった、とご好評をいただきました。

お越しいただいたお客様、スタッフの皆さま、そして松下さん、ありがとうございました!

IMG_0934.jpg
いただいたお花。
他にもたくさん、プレゼントを頂戴しました。I樣、E樣、O様、S様、T樣、H様どうもありがとうございました。
美味しいもの美しいもの、心ゆくまで堪能させていただきます!

IMG_0925.jpg
今回のお衣装。

生配信無観客コンサートの様子など(^^)

  • 2020/11/23(月) 19:22:16

昨夜、アメリカヤ楽器店さん主催の生配信無観客コンサートが開演いたしました。
私はギタリストの松下優さんと8曲演奏させて頂きました。
生配信2
演奏曲はクラシック中心でしたが、松下さんのオリジナル曲も2曲演奏しました。2曲とも元々はオカリナのコンクール出演者のために作られた曲だそうですが、ギターの演奏がバラエティに富んでいて面白い素敵な曲です。「コマドリの小さな冒険」と「通りゃんせの主題による組曲」という曲でした。コンクール用ということで主旋律は奏者の好きなテイストで吹けるようなメロディで吹いていて楽しかったです。

松下さんに「この曲やりたい。」と言って楽譜を渡すとどんな曲でもギターアレンジ版になって完成されます。
今回、ドビュッシーの「月の光」とフォーレの「シシリエンヌ」も演奏したのですが、譜面を渡した時に私的にはもっとシンプルに省略したギターパートを想像していたのですが、相当ピアノ伴奏に忠実なアレンジになっていました。「弾くの大変」...って、そりゃそうやろ!よう弾かはるわ。達者な人です。

言葉で書くよりも、現在もアーカイブ視聴できますので、ぜひ一度ご覧ください♪
リンクはこちら↓
アメリカヤ楽器店 第6回生配信無観客コンサート

生配信3
↑さてこの画像、私が合成したのではなくて生配信時からこのような分割画面やカメラの切り替えなど、とても本格的なカメラワークです。音もね、私がスマホで撮影したのとは訳が違って、生の音に近く聴こえます。

それもそのはず、舞台裏では・・・
IMG_0773.jpg
こんな立派なカメラや機材が!でっかいカメラはテレビ番組を撮影するような代物ですって。
IMG_0774.jpg
もちろん素人に扱えるはずもなく、専門家のエンジニアがおられます。
エンジニアだけでなく音楽家も本職であられますM先生が現場で指示を飛ばされているの図(^^)

生配信1

松下氏
映像が綺麗なので動画を止めて切り取っても写真が粗くない!

生配信4
本日のお衣装はこの配信の衣装協力をされている『アトリエshushu』さんに作っていただいたものです。
アトリエshushuさんは演奏家のための衣装を多く手掛けておられます。
演奏する楽器によって演奏に支障がないデザイン、さらには楽器が引き立つようなデザインを考えてくださいます。
(ヴァイオリンだったら左肩よりも右側を飾る、とかピアノもステージでは右側がお客様から目に入るのでその点を考えて、とか)
私の場合、ハーモニカは右を少し高く構えるので右上から左下に向かって流れるようなラインを考えてくださいました。
右のワンショルダーから孔雀のモチーフが左下に向かっていて、さらに左手首から背中にかけて垂れの飾り布が付いています。楽器が動くと布が揺れてアクションが引き立つように、とのアイデアでした。この布は取り外し可能で舞台裏で少し肌寒い時はショールのように巻くこともできます。

exif_temp_image 2
松下さんのタイは西陣織の生地に飾りをあしらったもの。結び方もとてもよくお似合いでした。
こちらは京都の伝統工芸品である西陣織を作っていらっしゃる『わき善織物有限会社』さんと私のドレスを仕立ててくださったアトリエ shushuさんがご一緒に作られたオリジナルのお品です。あとで写真を貼りますが他の男性奏者の方も身につけてらして、それぞれ色々な結び方をされています。ベストも同じくわき善織物さんとアトリエshushuさんのオリジナルです。男の方の衣装ってなかなかバリエーションが多くはないですが、西陣織の布地が現代風に仕立てられていて、とても華やかでした。

アンデス
アンデスという鍵盤を押すと笛の音が鳴る特殊な鍵盤楽器のデュオです。田中亜古さんと藤本信行さん。田中さんはピアニストであり、声楽家でもあられる方です。藤本さんはヴァイオリニストです。本来バリバリ演奏されるお二方がちょっと拍子抜けする癒し系の音を演出されているのがミソです。「ピタゴラスイッチ」の音といえばわかる方もおられるかも。

ケンハモ
ケンハモ2台でのデュオ。今井隆一郎さんと藤本信行さん。本格的な楽器として完成された鍵盤ハーモニカを駆使して演奏されています。今井さんの吹かれている楽器は鍵盤が木でできています。お二方とも違ったスタイルで吹かれていますが、鍵盤ハーモニカは決まった演奏姿勢はあまりなく、自由なスタイルが多いそうです。
実は私もただいまS字の唄口で吹くスタイルに挑戦中です(^^)

ヴァイパー
トリは大城敦博さんヴァイパーと藤本信行さんによるエレキヴァイオリンのデュオ。
ヴァイパーのことをエレキヴァイオリンと称するのは適切でないと思うのですが、ヴァイオリンが一番近い楽器ではあると思います。エレクトリックなところを生かしてループ演奏を使ったり、音色を変えたり、様々な表現をしておられます。
藤本さんのエレキヴァイオリンもまた音色に個性があり、二つの音が厚く重なっていました。

・・・うん、言葉で言うの難しいから聴いてみて!

もう一回貼っとこ(笑)
現在もアーカイブ視聴できますので、ぜひ一度ご覧ください♪
リンクはこちら↓
アメリカヤ楽器店 第6回生配信無観客コンサート

最後になりましたが、このような演奏の機会を提供してくださったアメリカヤ楽器店の皆様、どうもありがとうございました。

タンゴを聴きに。

  • 2020/11/17(火) 02:54:07

今日は素晴らしい、そして贅沢な演奏会に行ってきました。
会場は隠れ家のような小さな喫茶店でお客さんは12、3人。
演者はなんとバンドネオン奏者の門奈紀生さんとヴァイオリン奏者の麻場利華さんです。
お二人のことはご存知の方はご存知のはず、タンゴ楽団のアストロリコの創設メンバーのお二方です。私自身もお名前は兼ねてから存じ上げていましたが、直接生の演奏を聴く機会にはなかなか恵まれませんでした。
先日の我々が、コンサートで「タンゴが好き。」と言っていくつかのタンゴの曲を演奏したことからお客様のご夫婦が「タンゴ好きなら近々コンサートがあるけど、一緒に行く?」とお誘いくださり、プライベートコンサートとも言うべき場に紛れ込ませていただいたのでした。

IMG_0724.jpg
そして、なんともまあ贅沢な時間を過ごさせていただきました。
タンゴの本場や世界で活躍されている奏者のお二人が目の前1.5メートルのところで演奏してくださるのですから!
お二方の音圧までも感じられるような距離でした。
バンドネオンのボタンを奏でておられるところもガン見です。同じリード楽器と言うことで構造なども興味津々でした。

音楽を言葉で表現するのは苦手なのでうまく言えないのですが。
美しい中にも荒々しさと言うか、生々しさと言うか、バン、と聴く者に迫って来る感じ。時には「哀愁」(リード楽器の音をこの言葉一つで評するのは安易すぎると思うのですが、やはり)ちょっと切なくなるような音色も訪れ。
いつも素晴らしいコンサートのあとで奏者の方に何か気の利いた感想を、と思うのですが、もしかして見当違いの感想かもと思ったり、言葉にした途端薄っぺらな感じになりそう、とか想い巡らせて「素晴らしかったです。」しか言えない私なのでした・・・。
とにかく音楽に満ちた良い時間を過ごさせていただきました。

私、やっぱりタンゴ好きだな。本当の意味では詳しくないし我流のタンゴしか吹けないけど、カッコイイ音楽だと思うのです。昔吹いたエル・チョクロを引っ張り出そうか。cafe1930もRibertangoももっと磨きたいな。今度はブエノスアイレスの冬も吹きたいなあ。

演奏後に奏者のお二方と少しだけお話しさせていただきました。
IMG_0726.jpg
門奈さんが大切な楽器に触れさせてくださいました。思いがけないことにビックリ!嬉しかった〜。
丁寧に説明してくださったのですが、音の配列はやっぱり簡単には理解できなさそう。蛇腹を押すと引くで音が変わって、しかも同じ音がたくさんあるっぽい。ハーモニカ吹きだからイメージできる部分はあるかも。ただ、こればっかりは実際に演奏する覚悟がないとわからないと思われます。
麻場さんはとてもパワフルな演奏もされていて、演奏後に「一昨年に大きな怪我をされていた」とのお話を聞いて、これまたビックリ。微塵も感じない演奏でしたが、その為にはお怪我を克服されるのに大変な思いをされたのだろうと想像致しました。今日演奏を聴けたことに感謝します。

exif_temp_image 2
↑門奈さんと。とてもカッコいい方です。
エネルギーをたくさん頂きました。私も次の演奏の機会に向けて精進します。
お誘いくださったIご夫妻様、ありがとうございました!

秋のコンサート、終了いたしました♪

  • 2020/11/09(月) 23:59:42

昨日の午後、おかげさまで予定通りに秋のコンサートを開催することができました。
IMG_0654.jpg
今回は新型コロナ感染対策のため、お客様は約20人ずつの2回公演という初めての試みでした。
2回公演はやったことがあったけれど、90分公演をインターバル40分ほどで続けて演奏するのは初めての試み体力がもつかしら、と少し心配もしたけれど、本番の高揚感で楽々と?(その時は、ね)クリアできました。むしろ出だしの方が楽器のコンディションが整わず苦労したかも。
IMG_0640.jpg
プログラムはクラシック中心で時折タンゴや歌ものも。
今回、新曲や久しぶりに演奏した曲もあったのですが、夏の終わりから武岡さんと頻繁に合わせ練習してきました。
コロナの思わぬ効果(影響?)で演奏を頻発している時よりも丁寧に一曲一曲に取り組めたと思っています。
一小節ごとのボリュームの入れ替えや間の取り方、旋律の受け渡しまで詰められたのは良かったし、こういう作り方ができることがわかったこと自体が収穫だったかもしれません。
フットパーカッション で小躍りしたり、歌詞のある曲の朗読をしたり、全曲デュオで演奏するのでなんとか変化をつけようと工夫してみました。またいずれYouTubeにアップしようと思います。
7月のライブの時も思ったのですが、やはりステージに立つ喜びはひとしおでした。
お客様の方もかなり久しぶりの生演奏の機会だったようで何人か「楽しかった。生演奏久しぶりでなんか涙出た。」とおっしゃってくださった方も。その言葉に私もジワっときました。なんとも表現し難い熱い気持ち。


頂いたお花たち✨S様、O様、美しいお花をありがとうございました!
そして他にもプレゼントをA様、N様ありがとうございました😊
***
exif_temp_image 2のコピー
小ネタとしては衣装ネタ上の画像はafterです。
今回の衣装はちょっと訳あって、武岡さんと私の2着分自分でリメイクしました。
・・・実は武岡さんの分の衣装をインターネットで手に入れたのですが、ちょっと汚れのある不良品だったので返品交換することになったのです。ところか通販のお店が海外!なかなかの曲者で返品の手続きをするもしぶとく「値引きするので引き取って」と交渉してきたのですf(^^;
私にもサイズが合わなかったので「要らん!返金を!」と突っぱねていたのですが、だいぶ負けてくれることになったのでつい欲を出して引き取ってしまいました。
こっちがbefore↓
IMG_0196.jpg
武岡さんの分は違う店で同じ商品を見つけて買い直したのですが、届いてビックリ、同じ写真を見て頼んだのに布地も色味も全然違うものが来た!
・・・ってことでこちらもお直しすることに。
私のは肩を切り取って、切り取った布地で身幅を足して、袖を外して外した布で胸元のフリルをつけました。
あと帯は刺繍して作りました。
武岡さんの衣装は身幅を詰めて、着丈を短くして、袖を長くしました。
ベルトはリバーシブルにして、マンドリンを傷つけないようにガラスの飾りを外して、刺繍に変えました。
かくして、同じような色合いの形の違うドレスが出来上がり、予想外にお揃い仕様のドレスとなったのでありました。
***
さて!明日からは次の演奏に向かってまた準備を始めます。
11月22日のYouTube生配信コンサート、そして12月6日のティータイムコンサートと続きます。
今日、ティータイムコンサートの打ち合わせに行きました。
その時に以前「音や」さんのブッキングライブなどでご一緒させていただいた方と偶然ご縁が再びつながりました。
嬉しくて、懐かしくてウキウキした気持ちになりました(^^)
その嬉しい勢いで今まで入れなかったお店(お店の入口がなんともマニアックで入りにくかった)に行けちゃいました。
きっとまた楽しいことが起こりそう♪

初のオンラインコンサート終了!アメリカヤ楽器店さんにて。

  • 2020/07/29(水) 14:45:29

昨日はお世話になっているアメリカヤ楽器店さんのYouTubeチャンネルで、ライブ配信のテストコンサートに出演致しました。
IMG_8776.png

アメリカヤ楽器店さんの2階はショールームであると同時にステージでもあり、時にはスタジオに変身します。
現場を訪ねたところすでに照明がたくさん点灯し、大掛かりなカメラが4台やマイクやスイッチャーやらパソコンやらがセットされており、本格的なスタジオと化しておりました!機材も人材もプロフェッショナルが揃っておられます。

IMG_8763.jpg

IMG_8771.png

IMG_8780.png

今回はテスト配信でしたからソロでバッハの無伴奏チェロ組曲プレリュードと、マラゲーニャの2曲準備していきました。
後に記録が残らないコンサートともなんどもやり直しできる録画とも違い、生配信でアーカイブ視聴可能となるとハードル激上がり!でした。一発勝負ですから・・・
演奏の方は毎回のことですが、なかなか自分で100パーセント納得することはないのですが、勉強になる良い経験をさせていただきました。

私が身につけているお衣装もアメリカヤさんご縁のデザイナーさんによるものです。
地元産業の西陣織の紗の布を使った美しいチュニックドレスでした。素敵なのを着せてもらえて嬉しいな♪
アーカイブ映像はコチラ↓



間も無く、いよいよ第一回の本配信が始まります。
アメリカヤ楽器店YouTubeチャンネル
チャンネル登録をぜひ!