fc2ブログ

「ちろ そろ ちろそろ ハーモニカとピアノのために」

  • 2023/12/04(月) 13:05:12

来たる12月21日我が師、和谷泰扶先生が作曲家池辺晋一郎先生の新曲を初演されます!
2020年に発表された黒マティックハーモニカのための独奏曲『ハーモニカは笑い、そして沸騰する』に続く2曲めです。ああ、東京に聞きに行きたかった。もしかしたらNHKラジオで放送されるとかされないとか。。また情報を入手しましたらお知らせいたします。

==================================

12/21(木)に迫った第29回「四人組とその仲間たち」コンサート。
当日初めて発表される新作について、作曲家の池辺晋一郎さんから届いたビデオメッセージと作品解説をご紹介します。

■池辺晋一郎《ちろ そろ ちろそろ ハーモニカとピアノのために》

演奏:和谷泰扶(harm.)、石岡久乃(pf.)
演奏所要時間:約8分

 ハーモニカのための作品を書くなんて考えたこともなかったのに、4年前に「ハーモニカは笑い、そして沸騰する」というソロ曲を書いた。今回と同じく、全音「4人組とその仲間たち」コンサートのための曲で、その後上梓され、数多い機会に再演されてきている。この予想もしなかった展開は、和谷泰扶さんという優れた演奏家との邂逅ゆえだ。その後和谷さんと何度もお付き合いするなかで、ピアノを伴ったハーモニカによるガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」などを聴いた。オーケストラの場合に比し、ブルーが何倍も濃いと言って過言でない。この小さな楽器が秘める強烈な表現力に圧倒され、今回、ピアノとのデュオを発想した。和谷さんのハーモニカに溶け合うピアノを、これまで何度となくお世話になってきた石岡久乃さんにお願いした。
 大手拓次(1887~1934)の「夜の時」という詩の一節がタイトルである。全篇は──  
  
 ちろ そろ ちろそろ
 そろ そろ そろ
 そる そる そる
  ちろちろちろ
 され され されされされされされ
 ぴるぴるぴるぴる ぴる
 
ほかに「昼の時」「朝の時」もある。いずれも、意味のなさそうな擬音の連鎖だが、なぜかそれぞれの時の空気が漂う。不思議だ。僕は拓次の詩がかねて好きだが、この9月に急逝した畏敬する友・西村朗にも拓次による合唱作品がいくつかある。この曲の脱稿は9月7日だが、西村が息を引きとったのはその日の夜。僕が彼の死を知ったのは翌日だったから、彼の死を知ることなく、彼も愛した拓次によるこの曲を書き終えていたことになる。この巡り合わせを重く受け止め、この曲を西村朗の霊に捧げたいと思う。(池辺晋一郎)

※コンサートの開催日時等は
コチラ