FC2ブログ

けやきカフェライブにて、久しぶりの演奏♪

  • 2020/07/19(日) 19:46:25

昨日はとても素敵な時間を過ごしました。
けやきカフェさんで久しぶりに演奏をさせていただきました。
お越し下さったお客様、ありがとうございました!
115578713_3095069027194978_7789518215031860840_n.jpg

IMG_8692.jpg

本当に久しぶりで感慨深い。そしてあまりにも久しぶりで今日はフラフラです(笑)
だいたい演奏した夜は気が高ぶって寝つきは悪いのですが、昨日はとっても眠くって、今日もいつもの時間に起きたものの眠くて眠くてf(^^;
先日、久しぶりに美容院に行ったのですが、美容師さんに「髪がチリチリになってない・・・演奏活動休んでるから穏やかに過ごしてるんやな。」と言われたのを思い出しました。美容師さん曰く、精神・肉体共に酷使していると髪に出ていてわかるそうです。演奏って自分が思っている以上にエネルギーいるんだなあ。

昨日はギタリストの西川聖悟郎さんとご一緒させていただきました。
選曲は映画音楽や古い洋楽、アイリッシュ、そして西川さんのオリジナル曲など。
皆さんに馴染みのある曲をシンプルに丁寧に、を心がけて演奏しました。
お客様とのやりとりや拍手、しばらくぶりに味わう感覚でした。ああ、やっぱりいいなあ、と思いました。

今回、初の試みとしましてアイリッシュナンバーで足につけた鈴を鳴らしました。
数年前にソロ演奏の時の余興でミニハーモニカを吹きながらちょこっと使ったことがあったのですが、以来出番はほとんどなく。アイリッシュバンドの演奏を見て鳴り物が重要なのを知ってはいたのですが、以前の時はまだメロディの演奏に慣れていなくてとても余裕がありませんでした。今回はちょっと頑張ってみました。
一定のリズムを踏むだけなのですが、これが案外難しい。
曲が長いと足がつりそうになります。それにヒールの高さや身につける位置によっても鳴り方が違って、音の切れよく鳴らすにはちょっとしたコツが要ります。今回は座奏だったので使いやすかったです。
この足につける鈴、グングルとかガングルという名前です。ベリーダンスの踊り手さんなどが使われるそうです。
私はもともとカホン奏者の方が使っているのを見て真似をしたのですが、足につけて演奏するパーカッションはタンバリンとかカスタネットとか他にも色々あるようで、フットパーカッション と呼ぶそうです。

『man of the house 』『Drowsy Maggie』.MOV
↑いずれ編集してYou Tubeにアップしようと思います…と言いつついつもなかなかできないのでとりあえず貼り付けます!クリックすると再生画面へ飛びます。


コロナの感染予防のため、けやきカフェさんが色々とご配慮してくださり、お客様の人数を減らし、定期的に換気をし、三密を避けた環境での演奏となりました。
私も譜面台に付けられるガードを持参。また今度作り方を載せます。
IMG_8678.jpg

こちらの会場は大好きです。
演奏の合間のトークタイムは、いつもマスターが楽しく応じてくださって場を盛り上げてくださいます。演者にとってはすごくありがたいのです。
そしてママのお料理の華やかで美味しいこと(^^)昨日も美味しかった〜。
メニューは前菜(シュリンプとアボカドの和え物、、紫キャベツのザワークラフトと生ハム、トマトと上に乗ってたの何だっけ美味しかった)メインは賀茂茄子のラタトゥイユにハンバーグ、サラダ添え、ミョウガの効いた焼きおにぎりのお茶漬けに、そしてデザート♪
お野菜は上賀茂の方から振り売りに来られる新鮮なものとのことでした(^^)
IMG_8683.jpg

IMG_8684.jpg

IMG_8686.jpg

IMG_8687.jpg

IMG_8688.jpg
O様からお花を頂戴しました。
いつもありがとうございます。お越しくださることが本当に私の励みになっています。


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する